最近のコメント
    カテゴリー

    一般的観点からすると大企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどです

       2019/04/07

    近年では、株式・不動産投資をはじめとした

    近頃、株式・不動産投資などの不労所得、または個人経営 といった生き方も増えています。必ずしも「会社員の道こそが正義」といった見解も過去のものとなりつつあります。高度経済成長時代に関しては、不安の残る自営業で生きるよりも雇用されて働いているほうが堅実でした。人生の正しい進路として、広く一般の人々に浸透していました。しかし、そのような社会全体が等しく成長する時代は終わり、現代では「成熟期」というらしいです。コンピューターの進化とともに、近い将来では自動化・機械化が顕著になり、社会においては人手が不要になると言われています。

    かつてはずいぶん多くの人材紹介会社に登録していたのですが、

    以前はたいへん多くの人材紹介会社に登録していました。その際に特に思ったのは転職のアドバイザーのレベルが多様で大体は物足らないと感じる人ばっかりでした。私にとっては、とても大切なことことだからもっと情熱をもってに臨んでほしいという考えが高まってきてしまいました。それが契機となり自分自身がキャリアカウンセラーの道に進むことになりました。その資格取得はお金も必要だったし資格取得のための勉強の面においてもかなりヘビーだったわけですが、求職中の人に信用される人間になるべく努力しています。

    転職活動しているとき、良いと思える求人(または業種)

    転職活動のさなか、良いと思う求人(職種)があったら、マメに「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネット検索しておきましょう。求人票・転職エージェントから入ってくる言葉からは、まずその業界のデメリットなどは、教えてもらうことは不可能です。仮にブラック案件が蔓延している業種であれば、ネット検索で瞬時におおまかな実態を理解できます。そのようなチェックを怠りながら入社してしまうと、あとでしっぺ返しを食らうおそれがあります。だいたいその求人が頻繁に出ている理由が「内容がきつく、入っても続かない」という場合が多くを占めるため、気になる案件・業種については、納得できるまでチェックして応募するようにしましょう。

    再就職の前に、現在の会社の人たちがあなたの退職を知ると

    転職前、今の会社にいる人たちがあなたが退職すると知ってしまうと雰囲気が一変することがあります。人間関係によって、問題はないこともありますが、やっかみや意地悪される可能性もあります。さらには、残業時間を増やされる仕打ちも考えられるので、むやみに転職のことを周囲に伝えるのは考えものです。上記のような状態を回避するため、いまの職場では、真面目に仕事をしておきましょう。そうしておけば、良い空気のまま会社を去ることが出来ます。また、円満退職に至れば、辞めた会社にあなたが困った際には相談できる機会も出来ます。業界に関係なく、どういった会社であっても、人とのつながりはとても大事なので、仕事を辞める前のトラブルだけは起こさないようにしたいものです。

    一般的観点からすると大企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから、

    一般的に見て大業は「定期採用」がメインです。ですから、転職で入りたい場合は、タイミングを考慮しなくてはいけません。そればかりか、郊外~地方となると転職の見込みはたいへん少なくなりそうです。でも、「製造業」の場合であれば、都市部でない地方の工業団地を拠点としている少なくありません。また、そういった工場に的を絞れば、事業分野の拡大をする時に「人員募集」をしていることが多々あるので、その好機に転職を考えるのが良いでしょう。地方の工場を転職に考える場合、転職を希望する会社についての情報を事前に知っておきましょう。公式サイトを見て、求人の予定がないか、しっかりと確認されることをお勧めします。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket

    この記事へのコメントはこちら

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。