最近のコメント
    カテゴリー

    転職で勤め先を一新するということは、自分に合う

       2019/04/14

    今後の社会ではぐんぐんとシンプルな仕事は

    近い将来、私たちの社会的環境において着々とシンプルな作業は機械で処理されるようになっていき、当然のことながら労働力は少なからず減っていきます。なぜなら、単純労働については、ヒト以上に機械を稼働させたほうが比べられないほど分があるからです。例えば、数量をカウントしたり、同一の手順を延々と繰り返すことは機械にとっては何の苦もありません。人間とは違って不平不満を言わないし、疲れることもないし、横着をすることもないし、正確な作業ですし、均一化できるメリットもあります。おまけに給与が発生しないのも大きな違いといえます。わざわざ人間を使う意味がなさすぎます。ですから機械化されるのは注目されているのです。

    女性が再就職する際、数年前と現在と少なからず、違いがあります。

    女性が再就職する場合、数年前と現在とでは少なからず、違いがあるようです。一昔前は会社側から結婚観や出産後の方針などに関して、自然に質問されることは珍しくなかったのですが、今現在の流れとしては、そのような内容は、「セクハラ」と捉えられ、質問しない会社の方が増加傾向にあります。世間に名の知れた大企業ほど、露骨に避けるようになっています。そうではあるものの、面接する側としては、〇か×かの2択ではなく、その女性の価値観、結婚した後も働きたい、「出産後はすぐに復帰するのか」などを知っておきたいとは思うはずです。自身の価値観をわかってもらうためにも、志望した動機や自己ピーアールとともに話すことで相手方も考えがわかり、また、疑問も解消できると思うのです。ですから、たとえ、質問されていないことでも、こちらが先んじて会社にとっては必要な情報と捉え、話をしておくのが良いです。

    「シフト制」の仕事についてです。特定の曜日

    シフトの仕事に関する話です。毎週、一定の曜日に勤務できる人を募集している求人をよく見ますが、休む手順やシフトの提出方法についてはあらかじめチェックしておきましょう。それはどうしてかというと、以前わたしは産休で休む人の代理として正社員として勤めることになったのですが、私のシフトがそこが「土日」固定のシフトで、新入社員の私以外だれも出てくれませんでした。産休に入った前任の女性が「土日」に必ず出ることができたので、私自身も出勤できる人と思われていたようです。実際「土日」に外せない用事が入ると、シフトを変わってもらうときは、同じ部署の上司に「代わりに出ていただけませんか?」と私からお願いしなくてはいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い返すと本当によく我慢したな、と自分でも驚きです。

    このように現在の雇用事情が変化したことに際して、全世代の中で

    このように近年の企業の雇用事情の激しい変移をに際して、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若い人たちが特にチェックし、気にかけているようです。おそらくは、今後に備えようとしている段階のような気がします。そんなわけで、サラリーマン・労働者といった層の労働力の流動化が進行しているようで、よりこの先、世代に関わらず転職への関心が強くなるでしょう。このようなことから、勤め先を変えることはあなたにとって身近なものとなっていくでしょう。「終身雇用制度」があった時代には、「会社を辞めて転職」にはれだけで良くないイメージがつき転職が思ったようにいかないケースも多くあったのです。ですが、今ではこの事も全く当たらず現在の会社に執着する意味も必要性も薄れてきています。

    転職で勤め先を一新するということは、自分に合う

    再就職して仕事先を一新するということは、自分に見合った自分の理想に近い場所を探したいものです。仕事を変えれば、適職に就くことができるかもしれません。しかし、現実に行動する際は、即戦力となりうるスキルが必要不可欠です。逆説的に表現すると、自分の価値をあげれば、「天職」に近い転職に巡り会えるチャンスも高くなる、ということ。最近では「職業選択の自由」が社会的に普通に当たり前になっているので、転職を選択しても特に問題はありません。この様な情勢下では、今現在、「使える人材が欲しい」と思っている企業もどんどん増加していますので、このチャンスを活かしましょう。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket

    この記事へのコメントはこちら

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。